ひなん訓練をおこないました

2018.10.19

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

10月も台風の影響もあって運動会が延期になったり、なかなか天気のすぐれない日が続いておりましたが、9月1日が防災の日ということで、避難訓練をおこないました。

 

チャイルドから近くの小学校まで避難経路を歩き、スタッフと子どもたちでしっかりと手をつなぎながらひなん行動ができました。

 

 

行く前には、お話で「お・か・し・も」の説明や事前に準備をする心がまえができたり、実際に突然起きても何をしたらよいのか、どこへ向かうのかなど、子どもたちができる限り混乱しないようスタッフ一同気を引き締めて取り組みました。

10月になりました

2018.10.03

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

9月は台風や大雨により、運動会が延期になったりチャイルドもイベントが中止になったりとバタバタしましたが、子どもたちもさらに増え、毎日多くのお子さんが来てくれるようになりました。

 

集団の中でそれぞれの好きな活動をおこなったり、時にはみんなで一緒に遊んだりしてお友達同士仲良く過ごす姿が多く見られるようになりました。

 

先月、私たちスタッフが研修を受けている「発達支援コーチ」で

原始反射のひとつで脊椎の反射があるのですが、反射チェックで反射が残存していた方が、統合遊びやマッサージをおこなったところ、もう一度反射チェックをすると、反射がなくなっていて驚きました。

 

背中の刺激に敏感なため、仰向けになりお手玉などを天井に向かって投げたり、背中を床につけた状態でイモムシのように進む遊びなどでも統合遊びになると教わりました。

 

早速、チャイルドの子たちにも反射チェックと遊びを少しおこないました。すぐに成果が出るとは限りませんが、もっと回数を重ねて子どもたちと楽しく活動して、感覚統合に向かっていけたらなと思います。

 

写真は9月のイベントの様子です(^^♪

夏休みのようす

2018.09.10

いつもご覧いただきありがとうございます。

チャイルドウイッシュ蘇原も開所からはじめての夏休みを過ごしました。

 

様々な場所へ行き、支援室内で学んだ順番や約束を守ったり、体の動かし方、楽しみ方を外で発揮することができました。

はじめは、腕の力と体幹バランスが弱く、なかなかハンモックや登り綱に一人で登れなかった子も、回数を重ねるごとに少しづつできるようになり、施設外での大型遊具や乗り物に上手く乗れるようになりました。

 

また、チャイルドに来てくれる子たち同士やスタッフともかなり距離が縮まり、より仲良くなったと感じます。

それぞれが意見を出し合い、コミュニケーションを取るようになったので、より支援もしやすく、またダメなことは言い合える関係が築けるようになりました。

 

SSTはそういった遊びの中から子どもたち自身で成長していくのだと、改めて実感ができた夏休みでした。

公園での活動がはじまりました。

2018.07.17

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

もう少しで夏休みに入りますね。

 

その準備として、先週子どもたちと近くの公園へ遊びに行きました。

 

遊具で遊んだり、シャボン玉をしたりそれぞれ楽しく活動しました。

 

ニュースでもご承知のとおり最近は猛暑日が多く、チャイルドでも活動の合間にこまめに水分補給をおこなっております。

 

先週参加させていただいた発達支援コーチ研修でも、ナチュラルミネラルウォーターをちびちびと飲むのが望ましいとのこと。

 

体の中心をとおっていくのが、感覚統合にもつながるということでした。

 

また最近の遊びで、綱引きを統合遊びに加えました。つなひきがはじまると「僕も僕も」と言ってみんなで遊ぶ姿がありみんなが体を動

 

かせるようになってきました。

 

来てくださる子どもたちも増え、仲間で一緒に活動することが多くなってきたので、スタッフも仲良く遊べるように支援していきたいと思います!

<統合遊び>開始

2018.06.14

いつも、ご覧いただきありがとうございます。

 

チャイルドウイッシュ蘇原も開所して1か月がたちました。

 

子どもたちも増え、友達同士で遊ぶ姿や、ルールを守って活動したり、一日の流れができつつあります。

 

そこで最近、一日の流れの中に「統合遊び」を入れることにしました。

 

今回は、「輪投げ」

 

物(的)との距離感をつかむ、投げるタイミングや強さを測るということで、人との距離感や自分の体の動き、力加減の調整などの発達に

 

効果があるとされています。

 

スタッフの手作りによる握る感覚がとても気持ちの良い輪で、子どもたちは楽しみながら体を動かすことができています。

 

統合遊びのレパートリーはたくさんあるので、今後どんどん取り入れていきます。

 

わっかのサイズが頭の大きさにぴったりでした!(笑)

最近の様子

2018.5.31

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

利用者も増えてきまして、子どもたちで遊ぶ姿が見られるようになってきました。

また、5月はお誕生日会をおこない、メッセージカードを見てとても喜んでいました。

 

最近の遊びは、ハンモックでぐるぐると回り中心をつかむ活動をしたり、うんていの上に乗ったバランスボールを腕を大きく上げて手先をつかったり、チャンバラで正中線をまたいで体を使っています。これらは、感覚統合にはとても必要な動きです。

 

毎日、思い切り活動して「疲れたー!」と言って帰る子もいたりします。

先日、ここ・からださんの発達支援コーチ研修に行ってきました。そこでは、からだとこころの密接な関係を学び、運動療育を通して気持ちの切り替わりなどを体験いたしました。

 

この体験を子どもたちにも共有できるよう、私たちスタッフも支援していきます。

 

 

子どもたちはとても元気です

2018.5.10

本日は、小学生と年少さんの初対面コンビ。

 

最近のブームは、寝袋や布に子どもたちが乗り、スタッフが引っ張る遊びです。

 

子どもの体重で布と床に圧がかかり、こすれるため固有受容覚へのアプローチができるので、とても良い遊びです。

 

これはこちらから提案するのではなく、子どもたちの今欲している刺激です。スタッフは満足するまで思い切り遊び感覚統合を促します。

 

子どもたちはとても楽しそうな顔でかわいかったです!

チャイルドウイッシュ蘇原オープン

2018.5.1

この度、5月1日にチャイルドウィッシュ蘇原が開所いたしました。

 

児童発達支援

放課後等デイサービスをおこなっております。

 

支援室は以前ダンススタジオをやられていた場所のため、とても広く、雨の日も中で体を大きく使うことができます。

 

子どもたちの発達を促していけるよう、スタッフ一同思い切り支援をしていきたいと思います。

 

「遊び」を通して土台型運動療育をおこない、感覚統合を整えていくので、体験や見学等はお気軽にご連絡ください。

 

 

 

住所 各務原市蘇原花園町4丁目64番地5

TEL   058-322-5361

 

チャイルドウイッシュ蘇原 スタッフ一同

発達支援講座と内覧会のお知らせ

2018.4.1

5/1オープンに向けまして、発達支援講座と内覧会を開催いたします。

3月20日発行の『月刊 たんとん』4月号に掲載されております。